「ともにーティング2021」で中学生と交流

10月20日(水)に「ともにーティング2021」という行事があり、山口県内の各市町の教育長や県教委の関係者等が大和中学校に来られました。その中の公開授業で大和中学校の3年生と本校の5・6年生がリモートで交流学習を行いました。5・6年生が学習している「伊藤公の魅力」についてPRしたいことを小学生が提案し、中学生が助言するという内容の授業です。5・6年生は、できるだけ自分たちの主張を伝えられるようにカメラの前で発表しました。中学生は、小学生にはない視点で意見を言ってくれました。小中一貫教育の一端を披露することができたと思います。今後もできる限りの小中交流を続けていきます。