3年生が社会科で地域のことを学んでいます

3年生は「社会科」で自分たちの住む光市について学んでいます。身近な束荷地区については、実施調査を行い、地域探訪をしています。校区内の各方面へ出向き、束荷神社や夕日の滝などを見学しています。光市観光協会のホームページによると、高峯藤ヶ塔(382m)を源流としており、滝の上方に夕日観音が祀られているところから『夕日の滝』といわれているそうです。また、この霊験あらたかな滝にうたれると難病に効く、といわれているパワースポットでもあるそうです。子どもたちは、滝のそばの木陰で涼みながら探検シートに気付きを記録しました。滝のパワーをもらって元気いっぱいに調査を続け、「束荷マップ」を完成させます。