5・6年生が「ヒトのたんじょう」について学んでいます

5・6年生は、理科で「ヒトのたんじょう」について学習しています。6月21日(火)は、養護教諭とティームティーチングを行いました。「受精卵がどのくらいの期間で多くなるのか」「生まれるまでお母さんのお腹の中でどのように大きくなるのか」「栄養などはどのように摂取しているのか」などを子どもたちは考えました。普段と異なり、養護教諭が授業することで、子どもたちはしっかりと話を聞こうとしていました。また、生まれたばかりの赤ちゃんと同じ重さの人形を抱く体験を通して、お腹に赤ちゃんのいるお母さんは大変な思いをしているのだ、ということにも気付きました。これから、各自調べたいことをまとめていく予定です。