救急救命講習を行いました

7月1日(金)に、5・6年生とその保護者、地域の方を対象に、救急救命講習を行いました。光地区消防組合から2名の講師をお呼びして、緊急時の対応について学びました。AEDの使用の大切さや、倒れている人を見つけた時の適切な行動についてビデオやクイズを通して学んだ後、人形を使って心肺蘇生法の実習を行いました。胸骨圧迫は、大人であれば5センチメートル沈むくらいの力が必要です。しかも、一定の速さで絶え間なくつづけないと効果がありません。参加者はみんな真剣に取り組んでいました。訓練用のAEDを使用した実習も行いました。身近な人に万一のことがあった場合、慌てずに自分ができることを冷静に考えられるといいです。