ブドウを食べた感動を文に表しました

1,2年生は、頑張って作文の学習をしています。五感を使った文章、順序を示す言葉を使った文章など、気持ちや状況を文で表す学習に日々取り組んでいます。現在は、生活科の学習と関連させて、これから束荷地区の観光や名産品などを紹介するガイドマップの作成に向けて、作文の技術向上に励んでいます。9月に、実際に束荷地区で栽培されているブドウを食べた感動を文に表しました。子どもたちは、ブドウを見た瞬間の感動や食べた感想だけでなく、ブドウを育てている顔なじみの地域の方への思いもふくらませていました。「口の中がぶどうジュースでいっぱいになりました。」「箱を開けるとまさかのブドウでした。」「食べると、ふおっとしました。」など、子どもたちの感動した気持ちが生き生きと文章に表されていました。子どもたちには、たくさんの体験を通して心を動かされる経験をしてほしいと思います。