人権教育参観日・講演会を行いました

11月10日(木)に、人権教育参観日と講演会を行いました。参観授業では、1・2年生は道徳科「はしのうえのおおかみ」、3・4年生は道徳科「同じなかまだから」、5・6年生は学級活動「『楽しいコミュニケーション』を考えよう」を行いました。人権講演会では、山口県立大学から講師を招き、「いろいろな性~いろいろな性のあり方を大切にするために」について講演していただきました。講演会には、全校児童・保護者・教職員・地域の方など、たくさんの方が参加してくださいました。講演では、「タンタンタンゴはパパふたり」という絵本から、自分の思う「普通」は人によって様々であることや、性のあり方には4つの物差しがあり、人によってそれぞれであることなど、子どもたちにも分かりやすくお話していただきました。子どもたちが多様な考え方に触れることで、自分自身に自信をつけたり、誰かを思いやったりすることが、さらにできるようになってくれることを願っています。