学校給食センターの栄養士による巡回指導がありました

12月19日(月)に、光市学校給食センターの栄養士による巡回指導がありました。今回は、3・4年生がお話をうかがいました。テーマは、「朝ごはんは、一日をスタートするスイッチ」です。食物には、たんぱく質などの「赤」、炭水化物などの「黄」、ビタミンなどの「緑」に色分けできることを教わりました。「今日食べた朝ごはんに、3色がバランスよく含まれているかな?」の問いかけに、「赤と黄しかない。」という子どもからの答えがありました。3色のバランスをとるためにはどうすればいいか、など、みんなで考えました。栄養士からは、忙しい朝に手軽に3色が含まれた食事をとる方法として、「鮭おにぎりとお味噌汁」「ハムレタスサンドイッチ」などが提案されました。子どもたちには、体のことを考えて朝食を準備してくださる家族への感謝の気持ちをもったり、自分自身で食事の質を向上する力をつけたりしてほしいです。

束荷っ子

前の記事

餅つきをしました