3年生が、社会科で昔の道具について調べました

3年生が、社会科で昔の道具について調べています。束荷小学校では、正面玄関奥のショーケースに昔の道具が展示してあります。子どもたちは、その中の一つひとつを実際に触って昔の暮らしに思いをはせました。今は見ることがなくなった黒電話やランプ、お膳などの使い方を試しながら、当時の人がどのように使っていたのかを考えました。「お膳が使われなくなったのは、食べるものが変わったからかな。」など、道具を通して人々の生活様式の変化をかんじていました。