塩田小で石城太鼓の演奏をききました

7月6日(木)2週間の塩田小との合同学習の最終日に、全員で石城太鼓の演奏をききました。塩田小では、地域に伝わる伝統芸能である石城太鼓を子どもたちが太鼓のたたき手として継承しています。体育館の床を揺らすほどの太鼓の響きや、真剣に演奏する子どもたちの迫力に、束荷小の子どもたちは、瞬きを忘れるくらい見入っていました。「束荷神舞より迫力があった!」「鬼が出てきたけど、知ってる塩田小の人だったから怖くなかった。」など、感想を伝えてくれました。次回の束荷小での合同学習では、ぜひ束荷神舞を塩田小のみんなに披露できたらいいなと思います。

束荷っ子

前の記事

ものづくり魅力講座