不審者対応避難訓練を行いました

1月15日(月)に、不審者が校地内に侵入したことを想定した避難訓練を行いました。今回は、子どもたちに訓練の日時を伝えないブラインド訓練としました。昼休み子どもたちが遊んでいる時に、不審者役の少年安全サポーターが侵入。侵入に気付いた教員が声をかけるとともに、子どもたちに体育館への避難を促します。その後、職員室への連絡、110番通報、児童管理など、教員で分担して対応しました。子どもたちも、冷静に、かつ真剣に訓練に参加することができました。訓練後、光警察署の方々にもご指導いただき、教員の研修もしました。子どもも大人も「自己防衛」の意識を高めることなど、たくさんの大切なことを学びました。